がんと生活習慣病の検査サイト

PET検査関連の用語集 抗がん剤とは

抗がん剤とは 読み:抗がん剤英語:anticancer agent

抗がん剤とは、おもに注射薬もしくは内服薬で、体内の悪性細胞(がん細胞)の増殖を妨げ、がんの進行をおさえる治療剤です。
抗がん剤は化学療法ともよばれ、外科的手術の成功率を高めるために、手術前後に使用してがんの微細転移を抑制したりするほか、再発防止、末期患者の生存期間の延長、症状緩和のためにも使用されます。
抗がん剤治療は1940年代から行われていて、抗がん剤の種類も年々増えており、その効果も高まっています。

全身のがん細胞を死滅させるための治療ですが、がん細胞だけでなく正常な細胞も傷つけてしまうため、副作用が大きい傾向があります。

<抗がん剤投与中の注意点>
吐き気や嘔吐、発熱、脱毛、食欲不振、白血球減少などのさまざまな副作用が現れる可能性があります。
副作用については、事前に担当医から説明を受けて予想される症状を理解し、対策をたてておくことで、実際に副作用が起こった時に適切な対応ができます。
心の準備をして過剰な不安を取り除けるようにしましょう。