がんと生活習慣病の検査サイト

乳房専用PET検査(PEM / エルマンモ)とは(がん検査と基礎知識)

乳房専用PETとは

乳がん検査に特化したPET検査装置で、通常のPETよりさらに小さな早期がんを発見することに優れています

乳がん専用PETの画像イメージ

乳房専用のPET装置による乳がん検査です。通常のPET検査より、さらに小さながんを検出できるため、乳がんの早期発見にとても有用だとされています。 従来から行われている、マンモグラフィー、エコーでは、しこりを見つけることはできても、それが悪性か良性かは、精密検査(針生検)をしないと判別しませんでした。しかし乳房専用PET検査であればしこりの細胞の活動レベルまで即座に把握することができるため、診断までの期間が短く、患者さんの体の負担が軽いというメリットもあります。

乳房専用PETの種類

現在大きく分けて2タイプの乳房専用PET検査装置が利用されています。

リング型

うつぶせに寝そべって、リング状の穴に乳房を入れて撮影するタイプです。
乳がん専用PET乳がん専用PET 検査装置の例:
Elmammo®(エルマンモ) / 島津製作所

対面型

椅子に座り、乳房を上下の板でかるくはさんで固定して撮影するタイプです。
乳がん専用PET PEM乳がん専用PET PEM 検査装置の例:
PEM (Positron Emission Mammography) / 米国Naviscan社

乳房専用PETが優れている点

  • しこりが手で触れるサイズになる前の小さながん(4mm程度)でも発見できる
  • 乳腺の張りに左右されないので、生まれつきの高濃度乳腺(デンスブレスト)や、月経の影響を受けずに、検査できる
  • 月経の影響がないため検査日を自由に設定できる
  • 検査時にマンモグラフィーほど乳房の痛みを感じない
  • マンモグラフィーを受けられない、シリコンバックによる豊胸手術をされた方でも検査できる
  • マンモグラフィーやエコーでは見つけづらい、非浸潤性の乳がんも判別できる
  • 乳がん手術前に乳腺内でどこまでがんが広がっているかを確認でき、切除範囲を特定できる
  • CTより被ばく量が少ない

注意点

デメリットや注意すべき内容としては以下の点があげられます。

  • 放射性試薬(FDG)を体内に注入するため、妊娠中の方は受けられない
  • マンモグラフィーやエコーより検査費用が高い
  • 乳房専用PETの検査機器を導入している医療機関がまだ少ない

乳房専用PET(PEM)はその精度の高さやメリットにより、近年は導入する医療機関が増えています。

乳房専用PETの検査の流れ

1. 薬剤注入
問診後にFDGを点滴で注入します

2. 安静
数十分間、安静に過ごし、薬剤を全身にいきわたらせます

3. PET検査 ※乳がん検査のみの場合は省略
PET検査機器にて全身をスキャン(原則全身PETと併用して検査)

4. 乳房専用PET

<リング型の場合>
PEM検査機器にうつぶせになり、台の下にあるリング(穴)に乳房を片方ずつ入れます
少し吸引される感じがあります
乳がん専用PET

<対面型の場合>
PEM検査機器の椅子に座り、乳房を軽くはさんだ状態で固定
はさんだ板ゆっくりとスキャン(撮影)されるのを待ちます
乳がん専用PET

5. 検査終了後
FDG減退まで待機し、帰宅

6. 結果通知
後日、検査結果をお知らせします

※実際の検査方法や手順はクリニックによって異なります。詳細は直接お問合せください。

乳房専用PETはこんな方におすすめ

  • できるだけ早期に乳がんを発見したい方
  • 高濃度乳腺(デンスブレスト)で、しこりが判別しにくい方
  • 月経周期や乳腺の張りに関係なく検査を受けたい方
  • 乳がん切除手術を予定しており、できるだけ精度の高い切除術を希望されている方
  • 乳管や小葉の中に留まって発見しにくい非浸潤性乳がんを検出したい方
  • インプラント豊胸手術により、マンモグラフィーが受けられない方

そのほかの乳がん検査方法

乳房専用PETのほかには、一般的な検査法として、マンモグラフィ、超音波(エコー)、触診 があげられます。 さらに精密検査をする場合は、生検(細胞診、組織診)を行ないます。全身をくまなく見る方法としては、PET検査、CT検査、MRI検査、骨シンチグラフィ などの検査も併用されます。
より精度の高い検査を望む場合は、他の検査方法も併用することをおすすめします。

関連記事

DWIBS(ドゥイブス)法とは
PET検査の弱点
PET検査の健康保険適用範囲
PET検査の流れ