がんと生活習慣病の検査サイト

PET検査の用語集 白血病とは

白血病とは 読み:はっけつびょう英語:leukemia

血液のがんともいわれます。白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫は、ならんで三大血液腫瘍と呼ばれています。

血液には、赤血球、白血球と血小板がありますが、白血病になると、これら血球をつくる「造血幹細胞」が骨髄の中でがん化して、白血球を過剰に増殖させてしまう病気です。

異常な白血病細胞が骨髄で以上に繁殖することで、正常な血液がつくられなくなり、骨髄だけでなく、血液中にも白血病細胞があふれてきます。

増えすぎた白血球で血液が白く見えたことから、病名がついたと言われます。